ずっとデータ使い放題!楽天回線エリア固定でRakuten UN-LIMITを使い倒す!!

ブログRakutenUN-LIMIT,回線固定,楽天モバイル

自宅、通勤・通学経路、生活圏その全てが楽天回線エリア内なのに接続先が安定せず気付けばパートナーエリアに接続されているなんてことが頻発する楽天モバイル...

せっかく楽天回線エリア内なのだから常にデータ使い放題で利用したい!っという方も多いと思うので自己責任になりますが、楽天回線に固定する方法を今回は紹介したいと思います。

楽天回線に固定する方法

条件

まず初めにこの方法を行うには次の条件を満たしている必要があります。

・スマホのOSがAndroidである事

・スマホの対応周波数がBand 3である事

スマホの対応周波数の確認方法はメーカーのスペック詳細や技術仕様ページなどで「LTE」や「バンド」でページ内検索すると確認することができます。

楽天モバイルはBand 3

2020年6月時点で、楽天モバイル回線が使える唯一の周波数帯がBand 3になります。
ですのでスマホ自体がBand 3に対応していない場合、楽天回線エリア内であったとしても楽天回線を使う事が出来ないので注意してください。

QuickShortcutMakerアプリを導入

QuickShortcutMaker」アプリを利用するので、Google Playからインストールをお願いします。

QuickShortcutMakerを起動~検索

アプリを起動すると下記画面が表示されるので「キーワードで絞り込みます」の所に「band mode」と入力します。

すると「Enginner Mode Band Mode」が表示されるのでタップし、次画面にて起動をタップします。

バンド設定

起動すると下記画面が表示され、その端末で利用可能なBandの一覧が表示されます。

今回はパートナーエリアであるau回線に繋がらないようにするため、「LTE-B18」「LTE-B26」のチェックを外し一番下の「SET」をタップします。

最後に端末を再起動して終了です。

接続の確認

「my楽天モバイル」アプリを起動し楽天回線エリアに接続されていることを確認できればOKです。

これで楽天回線に常時接続されデータ使い放題です♪

実際に持ち歩いてみた

上記設定後、楽天回線エリア内で自宅・電車移動中・街中で使ってみましたが、通信不能状態になることもなく使えました。場所によっては電波が弱いスポットもあり通信速度の低下もありましたが、twitterやニュースアプリ利用等の表示には問題ありませんでした。

注意点

以上の方法で楽天回線に常時接続することが可能になりますが、一つだけ注意点があります。

それは、楽天回線エリア外に出てしまった場合、一切データ通信が出来なくなってしまうことです。通常はパートナーエリアに自動接続されるためこのような問題は発生しませんが、そのパートナー回線を切っている状態なのでこのような事が起こります。

楽天モバイルを主回線として利用している方は特に注意が必要でいつの間にかエリア外にいて着信やメッセージを受けられなかった、おサイフケータイ使えない等生活に支障をきたす恐れがあります。

回線エリア外通知?

「Rakuten Mini」利用時限定かはわかりませんが、楽天回線エリア外にいるときバイブレーションにて通信サービスなしの通知がされ回線エリア外に居る事を知らせてくれました。

最後に、あくまで自己責任になりますのでこの方法でを試し不具合がでたりデータが消えてしまったなどによる責任は一切負えないので、ご了承ください。