楽天株式会社に対する緊急停止命令

ブログ公正取引委員会,楽天,楽天市場,緊急停止命令

2020年2月28日、遂に公正取引委員会よる楽天への緊急停止命令の申し立てたが行われました!

楽天退店特別措置の最終日であり、昨日の楽天側の送料込みに関する追加アナウンスの翌日てこともありなかなかのファインプレイですね。

そもそも、2020年2月10日以降、公正取引委員会から正式な回答のない状態で3月18日決行をごり押ししようとした時点で公正取引委員会及び出店者を馬鹿にしすぎです。

その結果が16年ぶりの緊急停止命令申した立てって企業イメージをただ落とすだけの結果になりましたね。

緊急停止命令ってなに?

独占禁止法違反が疑われる行為を一時的に取りやめさせる措置。
排除措置命令よりも緊急性が高く、公取委の申し立てに対して裁判所が命令を出すかどうか決める。
命令に従わない事業者には30万円以下の過料が科されます。

ただ、企業規模に対して緊急停止命令に従わない場合の過料が30万以下と低いため、ないとは思いますが、無視して強行するなんてことはさすがにしないですよね...

楽天への要望

退店を決めた店舗への無条件復帰支援を強く望みます。

さんざんゴリ押しで進めようとした施策によって退店余儀なくされた店舗は多々あるはずです。

しっかりと責任を取りましょう。