楽天市場『送料無料』から『送料込み』変更の続報 

ブログ楽天,楽天市場,送料無料,送料込み

2020年2月27日RMSにて楽天から『送料込み』に関する新たなアナウンスがありました。

新たにアナウンスされたことは?

RMSにて『共通の送料込みライン』マーケティング・物流支援および支援プランのご案内 とのことで

ごちゃごちゃと書いてありましたが『送料込み』部分の話だけ抜粋すると以下になります。

送料込み部分の話

『 安心サポートプログラム(仮称)の提供 』

「共通の送料込みライン」は、お客様への分かりやすさ・買い物のしやすさの向上、そしてそれによる店舗様の売上・利益の増進を目的に、2020年3月18日より導入いたします。

この導入に伴い、店舗様には従来は別途請求していた送料を加味した商品価格の調整や、注文動向の変化に伴う販売方針変更の検討などをお願いしています。

 店舗様によってはすでに準備を進めていただいておりますが、一部の店舗様からは開始が近づくにつれ、短期的な売上や利益への不安の声をいただいております。そういった店舗様の不安解消のため支援策を検討しております。店舗様がより安心して送料込みラインに合わせた商品価格や販売方針等の調整ができるよう、「共通の送料込みライン」導入に伴う影響を緩和するセーフティネットを提供いたします。詳細は3月上旬にご案内予定です。

以上ですw

つまり送料無料の話から何も変わっていません...

送料を加味した商品価格の調整って言い方の問題であって、要するに送料上乗せする送料負担するか選べってことですよね?

変わったところは?

若干ガイドラインが変わりましたが、影響がありそうなのは以下の2点かと思います

・配送方法に大型宅配便を設定した場合、送料込み対象外の明記

・著作物の再販売価格維持制度が適用される、新品の「書籍・雑誌・新聞・音楽ソフト(音楽用CD・カセット・レコード)」については、送料込みラインから除外する事を可能になった

感想

公正取引委員会の調査が入っても何も変わっていません。

『共通の送料込みライン』導入に伴う影響を緩和するセーフティネットを導入するということでが、詳細は3月上旬との事なので内容を確認してから退店の有無を判断するは難しそうですね。

なぜなら退店する店舗への特別措置は明日2020年2月28日が最後だからです。

続報をギリギリ迄待っていた店舗さんもいるのではないでしょうか?

また、3月上旬の続報を待ちましょう...