楽天市場 RMS APIを使ってみた(受注情報の取得) 後編

開発API,受注,楽天

前回『rpay.order.searchOrder』にて指定期間内の『注文番号リスト』の取得まで出来たので、

今回は『rpay.order.getOrder』を使い注文の詳細情報を取得してみましょう!

事前準備

前編での準備が終わっていれば特にありません。

一つだけ注意!!

前編で取得した『注文番号リスト』仕様上は一度に最大1,000件まで取得可能ですが、
受注詳細情報を取得する『rpay.order.getOrder』は一度に最大100件までしか『注文番号リスト』をリクエスト出来ないので気を付けてください!。
※searchOrder時点で100件以下で取得するように組んでおくのが無難だと思います。

動作確認サンプル(PHP)

事前準備もないので早速実行してましょう!

『注文番号リスト』があれば下記サンプルで注文の詳細情報を確認することができます。

受注の詳細情報取得は以上で終わりです。

正常に動作していれば『受注モデルリスト』内に該当注文番号の詳細情報が確認できるはずです。

後は適切なエラー処理さえ行えば難しいところはないかと思います。

感想

前編・後編と分けて説明しましが特に難解なところはなかったかと思います。

ちょっと微妙かな?と思ったのはsearchOrderでの取得可能件数(最大1,000件)とgetOrderでの取得可能件数(最大100件)が違うため、この2つを組み合わせて使う場合、searchOrderでの取得可能件は実質100件が限界というところですかね。

もしsearchOrderとgetOrderを一緒に使う前提で提供しているなら取得可能件数の上限がそろっている方が余計なエラーの原因にはならないのではと感じました。

今回はここまでになります。

不明な点があれば気軽にコメントください。

それでは

開発API,受注,楽天

Posted by takabou